<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Auld Lang Syne
c0179619_22123559.jpg


8月13日、○○年ぶりの中学校の同窓会をしました。

幹事だったので、2年前から準備をしてきました。私は、みんなの住所を調べるのに

市役所や法務局へ行ったり、それでも、わがべいべハウスの地番さえ、でてこない現状でした。

また、やっとわかった友人の住所も連絡をとると、ご病気で亡くなっていたり、または

ご病気のために記憶さえないという悲しい現状と向き合うこともありました。

やっと、開くことができた同窓会は、

みな、ひとりひとり、悲しい思いをひきずり、のりこえながら

とても笑顔で話しを交わすことができました・・・よかった・・・

いったん、進学、就職、結婚でばらばらになっていた仲間が

また新しいクラスができたかのように笑顔でいっぱい!!

この帽子を持っているヤツとわたしで、当時、結婚された先生のマネを

自習時間にして自習をぶっつぶして、担任の先生がほかの先生に怒られたそうな・・・

全然覚えてない(汗)

当時は、べいべ、ニキビでいっぱいでクレーターと言われて傷ついていた思い出が大きいのだけど

人間って、そういう自分にとって都合のいい?記憶が残るんですね(笑)



まだ、コメレスもできず、ご心配かけたままです。ごめんなさい。

仕事でおきたトラブルについては、客観的にしっかり見つめて、またそういう方面での

専門の方にも助言を仰ぎながら、後始末をしているところです。


こんな自分でも役にたつならと、がんばったつもりが、いつのまにかトラブルになり、

もう、障害者は障害者らしく、すみっこで生きているのが一番だって思います。

そう思っていたのですが・・・このわたしの写真ブログ、

困難な病気の方も、同じような重度の障害をもつ方もいらっしゃいます。

ごめんなさい・・・



訪問、コメレスまで、今しばらくお待ちくださいね。
[PR]
by beibe-k | 2010-08-20 00:12 | snap
Do not stand at my grave and weep
c0179619_79182.jpg


最後の曲は「千の風になって」でした。

この原詩は、ドイツの反ユダヤ主義のために帰国できないまま
母を失い落ち込んだ友人のために書かれた説が有力ですね・・・

坂本 九の葬儀委員長をつとめていた永 六輔が読み
NY同時テロで父親を亡くした少女が朗読し
ひろまっていった詩

新井 満さんが訳詞をされ
一時は「パクリ」と非難され、謝罪しながらも
なお、この詩にこだわり続ける姿勢には
何か強い意志をもたれているのだろうと思います。

8月、いろいろな思いがとびかう季節
昨日、お会いしたフルーティストの方も
またいろいろな思いでこの曲を選曲し、演奏されたと思っています。


今日は東京の病院に行ってきます。
また薬がかわれば、調子もよくなると思っております。
コメレス放置してごめんなさい・・・今しばらくお待ちくださいね。
[PR]
by beibe-k | 2010-08-16 07:27 | music
Engagement photograph
c0179619_1718333.jpg


Eちゃんのエンゲージメントフォトの一枚です。

このお仕事のときは、相棒さんはすごいハードな仕事を抱えていたのと
相棒さんにすぐ頼ってしまうべいべさんの欠点とかを考えて
べいべさん、ひとりでやってみようと思っていたのですが、
夏の日差しの遮光や、レフ板を持つのを考えてヘルプコール。

撮影は、べいべさんで、裏方は相棒さんで力仕事という分担。

この写真を撮っているとき
風がEちゃんの髪をゆらして、自然な感じがすごい良い瞬間でした。
撮っていて、ふと、手を休めると
「今、すごいいい瞬間なのに、なぜ、止めるの!!」って相棒から一喝!

いつも、写真に対してはきびしい意見もらうのですが、
ハンディを抱えているべいべを気遣ってくれて、相棒さんに申し訳ない気持ちもありました。
毎日の生活のなかで
障害者は障害者らしく、社会の片隅で生きてればいいのだと思うことは正直、しばしばあります。

このときの一喝は、なんか一緒に仕事するものとして対等な扱いをしてくれていることが
むちゃくちゃうれしかったんであります。

まだ、前回のコメレスもできないでおります。
体調も、また悪化して、東京に行かないといけない状態にありますが
ご心配なきよう・・・
必ず戻ります。
[PR]
by beibe-k | 2010-08-14 17:50 | works
お地蔵さま
c0179619_2123689.jpg


 リコーのGR1sを久々にだしてきて、オフ会でみつけたお地蔵さま・・
 やはり、フィルムはいいですね!


昨日、ブログに書き込んだことで

  たいへん心配おかけしました。

  たくさんのメールやお電話など・・・・ご心配かけて・・・

  相棒に、「あんな内容をみて、みんなを心配させることにしかならないのだよ」・・と・・・
  また「べいべさんが絶対してはいけないことは、こうしてみてくださっている皆さんに
     心配かけさせることだよ」と・・・


  たくさんのメール、心配、励まし、ほんとうにありがとうございます。

  ネット上のことなのかという心配もいただきましたが、

  まったくそんな理由ではありません。

  ブログでは、ほんとうにいろいろなあたたかい人に出会えて、コメントもたくさんいただき

  レスが遅いわたしの怠けとつきあってくださり・・・

  最近うれしかったことで、わたしのブログは最初、わんこブログで、

  そのころからおつきあいをさせていただきながら、

  ブログ引越しなどで連絡を怠ってしまった方が、「ずっと見ていたよ」と

  わたしの写真をみて元気になれたとか

  書き込んでくださったり、びっくりするぐらいめぐまれています。


  今回は仕事上のことですので、ご心配なく!!

  
  昨日は、ヒロシマの日でしたね。ずっと長いおつきあいをしていた広島のブロガーさんで

  kochanという方が、毎年、8.6を撮り、リアルタイムでアップされていました。

  心の底にしみいる写真でした。今年に入り、kochanは、事情でブログを閉鎖されて、

  わたしにとっては、「今年は誰がヒロシマを発信するの??・・・・」という思いから

  kochanのような写真にはできないけれど、一生懸命、ヒロシマとむきあって撮ってきました。

  kochan、もどってきて!!とも願いながら。

  語り部さんとも出会いました。

  ポートレートを撮らせていただき、その方の思いもアップしたいと思いながら、

  まだまだ、自分にそういう力がないことを感じて来年の課題にします。


  灯篭流しをアップされていたブロガーさんもいらっしゃって、

  来年は一日、ヒロシマをみていたく思います。


  仕事上のことで、手続きや書類の作成など、煩雑なことがおわれば、

  また、気持ちも復活すると思います。それまで更新お待ちくださいね・・・・

 いただいたメール、前回のコメントのレスを明日させていただきます。


  

  

 
  
[PR]
by beibe-k | 2010-08-07 21:52 | snap
ヒロシマ    8.6 生ましめんかな
c0179619_2215939.jpg


こわれたビルディングの地下室の夜であった

原子爆弾の負傷者たちは

ローソク一本に暗い地下室を

うずめていっぱいだった

c0179619_22154014.jpg



生ぐさい血のにおい、死臭、汗臭い人いきれ、うめき声。

その中から不思議な声が聞こえてきた。

「赤ん坊が生まれる」と云うのだ。

この地獄のそこのような地下室で今、若い女が

産気づいているのだ。

マッチ一本ないくらがりでどうしたらいいのだろう。

人々は自分の痛みを忘れて気づかった。

と、「わたしが産婆です。私が生ませましょう」と云ったのは

さっきまでうめいていた重傷者だ。

c0179619_22155557.jpg


かくてくらがりの地獄の底で新しい生命は生まれた。

かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ。

生ましめんかな

生ましめんかな

己が命捨つとも


栗原貞子 詩


ROLLEIFLEX 2.8FX FILM ROLLEI ORTHO25
film scan : CANON 8800F

[PR]
by beibe-k | 2010-08-06 00:24 | 広島
Lovely
今日は、我が家のわんわんらんど、お医者さんの日でした。
4ワンもいるので、スタッフの人がそろっている日にみていただき
それでも、急患さんがいたり、我が家のわんこたちにふりまわされて
ドタバタするのですが
今日は、ゆったりとしていて
先生はじめ、スタッフの皆さんといろんな話しをしながら、
先生のところにいるネコちゃんたちに会わせていただきました。


c0179619_20484317.jpg


このニャンちゃんは、ご覧いただいたら、おわかりかと思いますが
腰の骨が折れていて下半身麻痺なんです。
でも、すごく元気で、かわいい~~~

c0179619_20485875.jpg


先生も
「見て!!この天使のような羽根!!かわいいでしょ~~~」といって
ニャンの背中の模様をみせてくださったのです。

動かない足で
フードのお皿を持って、食べるそうです・・・

どんなハンディを背負ったニャンにも、
ふつうに全身でかわいがられておられる先生やスタッフのみなさんに
なんだか、ほんとうにあたたかいものを感じてしまったべいべさんでした。

商品撮影のときにネコちゃんが入り用なら、
是非、このニャンをモデルに!!って言ってくださってありがとうです!
[PR]
by beibe-k | 2010-08-03 00:10 | Diary
ヒロシマ Ⅴ  An impression
c0179619_0514969.jpg


「おにいちゃんがしんじゃった  イラクの子どもたち」

 谷川 俊太郎の絵本を思い出した

イラク国民は全部で約2400万人。

その半分以上は、15才以下の子どもたちと書いてあった。

子どもを殺すな!
[PR]
by beibe-k | 2010-08-02 01:16 | 広島