インスタグラム
  やりたいことがあり、

  母の介護におわれて、もうダメかなとゆれながら、

  それでも、いろんな人に、支えられて、今日がある。


  あまり写真をとらなくなって、
  iphoneのサイトがこちら

       ↓ 見てね(*^_^*)

INSTAGRAM

   インスタグラムで日常をアップできるので

   いったん、こちらのCAFE LATTE  残したまま、今のブログに一本化します。

   よろしくお願いします!
[PR]
# by beibe-k | 2013-08-13 18:28 | Diary
次に向かうために、はきだしちゃえ!
c0179619_2354528.jpg


 稲村ヶ崎で食べたものです!

 GRで撮ったもので・・・GR1Sは売り成功・・・Iさん、ありがとうございました・・・
 このGR1Sも、
そのころお世話?になったブロガーさんにダマされたもの。
今は、あるカメラ屋の店長さんをしておいでらしい。
 はやくオサラバしたかったのでよかったあ~

 その方に「写真を教えてやる」と言われたのであります。

 前回にひきつづき、ダマされたハナシですみません・・・

 しかし・・撮ったフィルムの現像にだすのは、
 その方のお昼休み時間に来てくれと・・・で、
 お昼をご一緒させていただくのですが、食事代は全部ワタシもち・・・
 神社仏閣に行けば、拝観料もわたしが払い、
 何を教えていただけるのか、いつもわくわくしながら、
 何も得ることなく、一日がすぎるのでありました。

 たくさん、その人に、いろんな方に、あちこちに悪口をいわれ、
 カネ使わされて・・・
 父ちゃん、母ちゃん、ごめんな・・

 人を見る眼がなかったといえばそれまでなのですが、
 あれ?この人、おかしいと思った時点で、はっきり、こちらの不満をぶつけるべきだったな・・

 


 最後にお別れするときに「カメラ、一生懸命教えました」
 わからないなあ・・・

 ローライフレックスも深山先生についてやっとわかったのです。
 
 その方はただ、ローライフレックスを持ちたかっただけなのですね。


 自分が何をしたのか、わかっていない人は最後までわからないのだなと思います。
 
 次にむかわないといけない・・・老後にはいり、ナイに等しい年金のなかで
 最後まで勉強したい。

 でも、今はほんとうにいい人に恵まれている。みんな、すごいな、って思える人ばかり。
 こんなカメラがきてくれました。これで母をいっぱい撮ってあげたい。

c0179619_0165512.jpg

 
 老後にはいって、やらねばならないこと、自分をみがかねばいけないことが
 はっきりみえてきている。
 
 どこまでやれるかわからない。
 こんな自分のために、いろいろ動いてくださり、教えてくださることをほんとうの意味で
 生かしていきたいと思うんです・・・

 写真して、ほんとうにダマされたり、お金をぼったくられたり・・・
 でも、その分、ほんとうにいい人にめぐりあえました!!

 神様に感謝!

 
[PR]
# by beibe-k | 2013-03-02 00:35 | Diary
エルマーズグリーンカフェ
c0179619_0103817.jpg

X10

 FBつながりの方と急にお会いすることになって、

 長年、ブログでおつきあいいただいている、さおりさんにアドいただいて

 エルマーズグリーンカフェへ。

 久しぶりに淀屋橋から北浜まで歩くと

 明治の面影の建物や、カフェや・・・なんだかわくわく!!

 おしゃべりに夢中になって、あまり写真撮ってませ~ん!!

 だから、でっかい写真サイズでアップしたんじゃなくって、気持ちよくなるぐらい天井が高かったので・・・

 ここ、美味しかった!!

 
[PR]
# by beibe-k | 2012-10-12 00:19 | lunch cafe
じゅんちゃん
c0179619_22162540.jpg

X10

 じゅんちゃんです。今日、噛んじゃったヘルパーさんの治療費請求書がきました。

 ○万円なり。お金ですむケガでよかったと思うものの、

 じゅんちゃんの噛み方を知っているものとして、なんと高額な医療費・・・

 年金生活者にはとてもじゃないけど、払えない。

 ひとりで抱え込むなよという、広島のIさんの言葉もあって、
 
 ちと、FBにアップすると、そういう場合の保険があること・・・知的障害の子をもつ人がかけておられるらしい・・

 きちっとアドバイスいただけることに感謝です。



 ほんとうは、それまで、じゅんちゃんと、どっか遠くへいこうかなんて落ち込んでました・・・


 ただ、アップしたとたんに、イイネが押されるのは、?って思うんですよね・・・


 これで、ひとやま越えたとおもうと、次の試練・・・季節のかわりめだけにすごく疲れが激しいなあ・・・
[PR]
# by beibe-k | 2012-10-11 22:26 | my lover dogs
目的があれば、山越え、谷越える!!
c0179619_1312071.jpg


 オイラたちのお茶碗のうしろに、

 ママがふかしてくれたおイモさんがある!

 オイラは、天才だからわかるんだ!

 待てというママは、オイラの気持ちをわかっていない!!



  今日は、母が2時間ほど、デイケアに行く。

  その間は自分時間と思われるんだど・・・

  おばあちゃんがいないと、ママがいても、

  台所で、ガチャン、ドタドタとモノが落ちていく音・・・

  登られるはずのない棚から、まあくんがでてる!!


 
[PR]
# by beibe-k | 2012-10-09 13:06 | my lover dogs
要注意人物「娘」
c0179619_23163911.jpg


 じゅんは、デイサービスに行った母が帰る時刻が近くなると、

たあくんが玄関の扉をあけて、そこのところでずっとじゅんは母を待ち続ける。

小さい時にお医者さんで何があったのかわからないけれど、
わからないけれど
たいへん、臆病で、人を噛む・・・母にでも噛むし、たあくんにも噛むことがある。

介護というサービスにお世話になるようになって、
ヘルパーさんも噛んだことがあって
平謝りは当然で、、チャックのケージにいれるけれど、
この白いワンコには注意してくださいと、かなり要望してわかっていただいていたはずなんだけど、
新しいヘルパーさんには伝わってなかったんかな・・・

先週、新しいヘルパーさんが三カ所も噛まれた・・・一カ所は腫れているらしい・・
動物の噛んだ後というのは、時としてたいへん腫れたり、膿をもつこともある。

「ちょっと注意してもらえませんか」とケアマネさんから電話。

注意して・・って言われても、ずっとわたしがいるわけにはいかないし、
「じゃあ、来週から、もうヘルパーさん、お休みします」と応えて、
この不始末をどうお詫びしていいか、その手の専門家の友人に相談している間に
母は、道路のフェンスを手すりにして這うように、ケアマネさんのいらっしゃる事務所まで
謝りにいった。

そんな母をみて
アタマがぐるぐるまわった・・・

じゅんちゃん連れて、どこかへ行こうか・・・

春、蜂窩織炎 で、主治医はちょっと入院して処置をしたほうがと言われたけれど
母がいるので通院でがんばることにして、
その病院より、もっと近いお医者さんで処置してもらうことにしたけれど
ていねいすぎる処置で
どんどん、悪くなっていった・・・5本指、全部ズルムケた。
家事ができない・・・いらいらしてくる・・・で・・・母を叩いたことがある・・

その頃は、抗生物質で下痢は続くし、熱はある・・・その母を叩いたこともあって
ケアマネさんは、ショートステイに母をだしていただいた。
ケアマネさんに

「叩かれて育ったの?」

それ以来なのか、わからないけれど
わたしは「要注意人物」になったことを
ケアマネさんのふとした言葉のはしばしや
リハビリに行って、すっぽんぽんにされて、青あざチェックされたときに感じた。

母に教師の間、絶対にヒトサマの子どもさんに手をだしてはいけないと言われ、
また、教師になぐりかかろうとする子どもにだきついて止めて
靱帯をきって・・・その足は病気で麻痺しているから
再建手術はできなくて、それでも、子どもがほんとうはとめてほしい気持ちをわかっていたから
後悔していない・・
それで、26年がんばって
母と暮らすようになって、わたしは「極悪人?」・・・人生て皮肉なもんだなと。


そのことを
自分が悪いんだからと言い聞かせながら、
今までやってきた。
2週間前、そのケアマネさんと会うことがあって、
また言葉に傷ついた。
ちょうど、わたしの授業をみにきてくださった大作曲家の林 光さんが転倒し、病院に運ばれ、意識不明になった日だ。
その同じ日に死ぬか・・・って
わんこのリードで首つって死のうとしたら
リードの鍵になっているところがきれて、死ねなかった。
変に落下したから、足の付け根が痛い・・・


母とふたりで、母は父にとって3番目の妻で、
わたしは父にとっては末っ子である。
わたしの小さいときは
父は離婚した2番目の妻の子どもを気にして
家にはほとんどいなかった・・・

胃がんになった母を「汚い」と責め続けた。

そんな母に笑ってほしくて
いつも冗談いって・・・だから、その癖がぬけず、調子わるくても
元気に見せる習慣は教師になって役にたった。

母は、脳軟化症になって気が狂っていく父の面倒を最後まで見た。
母は、亡くなってから、母は父の悪口を言ったことがない。
そんな母をエライと思う。

じゅんも一緒に母と暮らす。

この気持ちはかわらない。

ある方のアドバイスで、お世話になったケアマネさんをかわることにした。

今回、いろんな方に動いていただいた。

母を初めてショートステイにだす、叩いたからだと思って落ち込んでいた日に
教え子たちがかけつけてくれた。教え子の前で思い切り泣くことができた。

次へかわるにあたって
次で、悪くいわれないようにフォローしてと、ケアマネさんの事務所の理事長はおっしゃっているらしい。
よほど、悪くそのオフィスでわたしは言われていたんだろうな・・・
でも、介護という世界のスタートをきるにあたって
ほんとうにお世話になったと思っている。感謝している。

じゅんちゃんに噛まれたヘルパーさんのケガが早くよくなりますように・・・

こんな最後になったけれど、
すべて、自分の責任として
また、次のオフィスで、アドバイスうけながら、
母の笑顔をつくっていきたい。



WEBSTAGRAM   IPHONEのちょっとしたお散歩フォト集


「風と戯れて」 わたしの稚拙な写真ブログ

[PR]
# by beibe-k | 2012-09-29 00:02 |